コンテナもうすぐ到着します

スタートから1年半
もうすぐコンテナが到着します。

ご予約頂いてる皆様 大変お待たせいたしました。

拘りのBMXパーツ

今回のBMX製作にあたり色んな拘りパーツがあります。

そもそも
井上氏とのMTGの中で、お客様が後でカスタムをしなくても良い様にと
そんな思いがありました。

標準装備されてるパーツは、使用に問題ないレベルの物を採用するのが標準です。使用に問題無いと言ってしまえば、何か少しの問題があるのか?

と思ってしまいますが、後にパーツ交換等、自分好みにカスタムする楽しみを

残しておく。そんな意味合いもあります。
今回は、使いたいパーツを惜しみなく採用しよう!と
入手が非常に困難な物であったり
現存していない物であったり
とにかく高価な物であったり

一体いくらの自転車になってしまうのだろう。。。と
恐る恐るな部分もありました。笑

井上氏曰く、ペダルは大抵の方が交換、カスタムするとの話。。。これしか無いでしょう。
と⬆︎の画像のMKSさんのBM-7ペダル。日本製です。
鉄板的なペダルです。しかも1/2サイズです。 回転の良さ、表面仕上げは、他の追随を許しません。
日本の誇る自転車パーツメーカーの一つの三ケ島さんのペダル。

原価は当然高いです。相当高いです。  でも使いたいパーツです。

右の画像はリムです。 昔は鉄のリムを使用してた事が多いですが、現代ではサビの問題もありますし
(当時はアメリカの気候を考慮すると鉄でも錆びない環境でしたし、ブレーキの効きも鉄が良い)
アルミを採用。でもやはり鉄のメッキの光具合は捨てがたい。と言う事でハイポリッシュ仕上げを施しています。またスポークのホールはディンプル型にエンボス加工。これもこの為だけに金型を作りました。
リムメーカーさんもディンプル加工するのが久しぶりとの事で、これも時間がかかりました。。。
おかげでフレームのクロームメッキとの相性は非常に良くなってます。
形状を見て頂いただけでもヴィンテージ感は感じて頂けると思います。

 


一番心配してたのがこのタイヤ「MOTOCROSS GRIP TIRE」

もともとアメリカから取り寄せをしようと考えていました。何故なら日本ではScreamin' Wheelしか
販売していませんから、でもアメリカから取り寄せし、台湾に更に送るとなると、とてつもなくコストアップになるのです。 製造元のDUROに問い合わせ、製造拠点を聞くと、本来なら台湾で生産しているはずでしたが、今はタイ生産に変わってると。。。 タイヤの生産拠点は、今はタイが世界でも指折りの生産拠点です。自転車の主だったブランドも、タイが多くなっています。
 特徴と言えば、70年代を彷彿とさせるホワイトレターのエンボスの文字「MOTO CROSS GRIP」

盛り上がった文字は、当時のタイヤに多くあった加工です。金型が無いと作れません。

このエンボスの文字が入ったタイヤを何とかタイから輸入し、生産に漕ぎ着けました。

このタイヤを履いてるだけで、グッと雰囲気が良くなって、
SCREAMIN WHEELS のBMXには欠かせないタイヤです。
 単品でも販売してるそうなので、必要な方はSCREAMINさんにお問い合わせください。

 こちらのスノーフレークのチェンリング
こちらもSCREAMINさんが推奨する形状。 
金型成形することも考慮しましたが、一枚一枚 アルミから削り出して製造する方法を選びました。
希少価値と言いますか、大量生産する事によるコストダウンも可能ですが、CNC (削り出し)で
生み出す方が、男心をくすぐるんですよね。
 ヴィンテージのBMXは、鉄素材の物が多いのも事実。湿気の無いアメリカでの使用が本来でしたから
サビの心配なんかは全くしていなかったのも事実。 年代物のBMXなんかも赤サビになってる物も多いですよね。 比較的簡単に交換出来ますから心配は要らないのですが、当時のデザインの物がデッドストックで残ってるってことも少ないのも事実。価格も其れ相応になっています。サビの問題、重量の問題を考慮すると

アルミ製のギアにするのは理にかなってる訳です。
 コストはアップしますが、何かにつけて意味ある素材です。
おまけに、チェーンのアンチラスト(サビにくい)チェーンを採用しています。
しかしどんなにサビの問題を考慮しても、紫外線には金属は弱いです。
できる限り屋内保管、紫外線、湿気などを考慮した場所での保管をオススメします。

そしてこちら 80年代には色々なBMXに装着され
またカスタムパーツとしても使用されてた「コブラグリップ」
デッドストック物で現存してますが、結構高価です。
全体の佇まいを考えると、コブラグリップは出来れば使用したいアイテム
無いなら作ってしまえ。。。と金型成形からやってしまいました。
金型代も決して安くはありません。
ましてや、この手の物は、生産の数量が天文学的。。。 

天文学的とは大袈裟ですが、個人で作るレベルでは出来ません。当然ですが
でもそれをやってしまいました。
このグリップがあるだけで、80'sは一気に加速します。

今後は、様々なカラーをリリースする予定。。はまだ未定。

今回一番お金がかかった部分かもしれません。。。。
本当にビジネスなのか?自己満なのか? 
自己満が勝ってます。 やりたいんですよね。チャレンジしてみたいんです。

色々拘りを記載しましたが、
サラリと流してくれても構いません。
第一印象で気に入ってくれれば、まずは良し!
そして悩んだ挙句に買ってください。
乗り倒して下さい。 

SCREAMIN WHEELS BMX

2018年 春頃?
今となっては忘れてしまいました。
このプロジェクトのスタートしたのが、、、。

SCREAMIN WHEELS と言えば、OLD SCHOOL BMX界では有名なお店です。
代表の井上氏とは、古くからのお付き合い。
福岡時代からの知り合いで、古着とBMXやスケボーなど
井上氏のセレクトしたアメリカンカルチャー満載のお店をされてた頃から

古い物好きな井上氏のスタイルがカッコ良くて
興味津々にお店にもお邪魔させて頂いていました。

その後、都内にショップを移転され
ヴィンテージのBMX専門ショップをオープンされました。


店内には、我々世代には堪らない デッドストック物やヴィンテージ物
アメリカから直接買い付けたアイテム達は、当時を思い出させる
古き良き時代のアメリカがそのままそこにあります。

 

アメカジ。。。そんな言葉ももう死語なんでしょうかね?
化石燃料を使った車も時代錯誤?

戦後、アメリカの支配下の中
アメリカ兵が持ってる物がそれはそれはカッコ良く
1ドル365円時代があり、しばらくの間
アメリカからあらゆる物が輸入され
乗り物、洋服、食べ物、家具、、、。

 

その当時の若者は、それらをまとった大人達に憧れ、真似をし
西海岸から押し寄せる新たなカルチャーを取り入れ
高度成長と共に、本当に違った世界を見る事が出来た時代

 

サーフィン、スケボー、そしてBMX
それに伴ってビーチクルーザーや、そのあとの時代に続くMTBなど
何せカッコよかったんです。  よね! 


 

 

この映像が1975年
徳島でもこの頃?にはBMXが流行し始めます。
当時を知る諸先輩方に聞けばすぐなんですが。。w

 

今でも当時のBMXを所有してる方もいらっしゃいますし
当時の思い出なんですよね
この映像を見ただけでも、なんて楽しそうなんでしょ!


 

アメリカに行けば今でもSWAPMEET(スワップミート)と言うフリマ
って言えば解りやすいかもしれません。
物々交換や即売なんかもあります。
マニアがとにかく居ますので、サビサビな物から
当時そのままの新品の物まで

いいおじさん達なんですけどね。楽しそうです。
今でも行きたい気持ちいっぱいです。

まさにその楽しい空間が SCREAMIN WHEELS なんですよね。
大人をいつまでも楽しませてくれる空間です。


EURO BIKE SHOW 2017 其の5

2017年 8月30日~9月2日  開催 : Messe Friedrichshafen

Friedrichshafen GERMANY

 

宿泊先の近くのバス停から会場まではシャトルバスで約45分。

いつも会場入り口付近が非常に渋滞していて大抵1時間はかかってしまう。バスが出てるだけありがたいのですが、進入路をもう少し何とかしてほしいなあ。

 会場はフリードリッヒスハーフェンにあるメッセ。会場の広さだけで言えば、世界一広い自転車のショーになりますかね? 以前は上海ショーなんかも非常に広い会場で行なっていましたが、最近は会場を変更したそうだし、そこへは行ったことがないので、判断出来ませんが、、、。

だから世界一と言うのも実は違うかもしれません。

ただやっぱりでかいです。全部周りきれませんもの毎年。

 

 事前にレジストレーションしてるので、入場バスを見せるだけ。

毎年会場に入るこの瞬間 興奮してしまうのです。様々なブースのデコレーショや新商品を目の当たりにするとやっぱり嬉しいものです。

 

今回はRINDOWの新商品パーツをドイツの代理店さんに見てもらう為にドイツまで来た。と言えば大げさだが、本当は7月末には仕上がってる予定が、最終生産前にどうしても納得がいかず、作り直しを依頼したので遅れてしまったのです。

そのサンプルを持ってきたので、荷物が重いんです。早く降ろしたいが、代理店さんとのアポは午後4時、MTG先のブースに置いててもらうかと思ったが、担当者の方も多忙で走り回ってる様子。 仕方なく背負いっぱなしで会場を徘徊に移ります。

 一眼レフやミラーレスカメラを持って写真を撮影してたのですが、一日の終わりの疲れが全然違う為、最近はiPhoneのみ。画質も良くなったし、十分です。

マクロ撮影なんかは難しいですが。。。

カタログ等も貰うので、1日の終わりには荷物の重量がとんでも無いことになるんです。 出来る限り荷物は小さくしないとね。

会場を回り出す時、入り口であるA7(A1~A7,B1~B5まであります)から順序だてて回る方も居ますし、お目当のブランドがあれば、そこをまず回ると言う方も居るでしょう。私の場合はまずお世話になってる工場の方々にご挨拶と激励に!

その途中でふと気になった物があると立ち寄る感じで動き出します。順番に回っててもいつのまにか方向が判らなくなります。どうでもいいか。。。そんな話。

 ここ最近のトレンドと言えば、アドベンチャー系と呼ばれるツーリングバイク

アルミフレームもあればTANGEブースにあったこんなスチール系であったり、

タイヤは最近よく目にするWTB。こう組むとカッコよく見えますね。

またそれに伴ったライトパッキングバッグ。ドイツと言えばOrtlieb( オルトリーブ)個人的にも好きなブランドです。ターポリン素材で完全防水。私もいくつも持っています。どちらか言うとキャンプなどに使うバッグ類ですが

 オルトリーブもパニアだけでなくsaddle bagも作ってきました。今後のトレンドはこんな感じになるのでしょうね。確かにパニアだと揺れるとか、キャリアの強度が弱いとより自転車のリアが左右に振れる感じが強くなるんですよね。

積載能力は若干落ちるのかもしれませんが、最低限以上の荷物は積載できます。

 真ん中の画像はOrtlieb創業当時のバッグ類です。色合いだとかが可愛くて、欲しくなりました。

 会場内はどこを見てもE-BIKE関連のブースだらけです。ここ数年ヨーロッパのE-BIKE市場は右肩上がり。それは環境問題をしっかりと見据えた所でもあります。私の考える日本とのE-BIKEに対する考え方の違いと言えば、

 ヨーロッパは、モーターサイクルなどエンジン付き乗り物からエンジンの無いE-BIKEへの変化。より快適に乗れる自転車としての意味合いも大きいと思いますが、どちらかと言えば前者の考え方が強い気がします。

日本は、ママチャリをもっと楽に乗る。。。って考えが強いのでは無いでしょうか? であるから価格の考え方もモーターサイクルの価格から考えると安い。ママチャリと考えると電動車は高い。と考え方にも違いが出るのでしょう。

道路事情も明らかに違いますが、文化の違いからも様々な意識の差に繋がってるのでしょう。 日本は歩道を走れる場合もありますから、速度などの様々な規制は世界とは異なります。

そう言えば、オランダ在住の友達にお聞きしましたが

昨年の販売台数 オランダでのE-BIKEシェアが50%を超えた様です。

オランダの方々の環境に対する意識が相当高いそうなのですが

50%を超えるってすごい事ですよね。話によれば所得の違いもあるそうですが

近い将来、オランダに是非行ってみたいと思っています。

自転車大国オランダです。アムステルダムに

 

さてさて会場で最も気になったのが、ここ DASIKNIO CYCLES

一見普通の高級クロスバイク

ブレーキがハイドロディスクブレーキ、駆動系はベルトドライブ、

レザーサドルにレザーグリップ、ハンドル回りも至ってシンプル。

実はこれE-BIKEなんです。

バッテリーもモーターもどこにあるの?って思わせます。

実際会場でじっくり見たかったのですが、人がすごくて、人の間をかいくぐって撮影した画像なんです。 なんで全体像が中途半端です。

詳細は上記ブランド名からオフィシャルページをごらんください。

バッテリーはダウンチューブの中、モーターはリアハブの中と

見た目にもとてもシンプルな構造になってます。

重量も13.5kg と軽い。最高アシスト時速は25Kmと日本とほぼ同じ。

走行もオプションの予備バッテリーなんかをボトルゲージ部分に装着すれば、相当長い距離を走れるようです。

 ヨーロッパはすでにここまで進化し始めてるのです。

日本の電動自転車はまだまだな気がします。 先ほども述べましたが、文化と用途も様々なので、日本市場には今の電動自転車が良いのかもしれません。

 YAMAHAさんもSHIMANOさんも日本市場用のユニットをよりカッコよく作ってくれるでしょうから、意外と早くかっこいい電動自転車が登場するのかもしれません。 

 

後は価格ですね。。。市場が価格に付いて行ってくれれば良いですが

EURO BIKE SHOW 2017 其の4

フランクフルトからDBに乗り、2時間40分

Ulm という街で乗り換えて約2時間 徳島を出発して40時間やっと到着です。

Lindau (リンダウ)

この街に滞在したのですが、スイス、ドイツ、オーストリアの国境に位置する

ボーデン湖

この湖の湖畔に浮かぶ島がLindau(リンダウ)です。

小さな街ですが、古い建築物もある静かな島です。

詳細は上のLindauをクリックしてWikipediaでごらんください。

 

周りは湖です。ベストシーズンとは言わないものの

観光客は多めです。湖もあり南部の方々にとっては絶好のレジャーエリアです。

少し離れれば別荘もたくさんあり、リッチマンが多く住むエリアでもあります。

 

画像の向こう岸に見えるのがスイスです。直接船に乗ってスイス側にも行けますが実際は車で行った方が近いです。 宿泊先はカフェとレストランを営み

そのご家族の住まいの1室を観光客に貸してる訳です。ホテルとは違い、この辺りの方々の普段の暮らしをそのまま体感出来る感じで気に入ってます。

仲間とシェアして一泊あたりの宿泊費用もセーブ出来るのもありがたい。

やっぱりヨーロッパのホテルは高いですから。。。

このエリアには、ユーロバイクに出展されてる方々も多く滞在しています。

会場までのシャトルバスもあり、非常に便利なエリアの一つです。

 

ただショーの終了時間が18時。

シャトルバスがLindauに到着するのが19時30分ごろ

スーパーの終了時間が20時と結構夕飯を確保するのが慌ただしいんです。

 

Lindauの映像がYoutubeにありましたのでご覧ください。

空から見ると街の可愛さが倍増します。

 

RINDOW BIKES

2-1-84 , Suehiro, Tokushima-shi ,TOKUSHIMA 770-0866  JAPAN

TEL 088-678-6781  FAX 088-678-6791

770-0866 徳島県徳島市末広2丁目1-84

 

 


自転車冒険家 西川昌徳
RINDOW BIKES は自転車冒険家 西川昌徳を応援しています