EURO BIKE SHOW 2017 其の5

2017年 8月30日~9月2日  開催 : Messe Friedrichshafen

Friedrichshafen GERMANY

 

宿泊先の近くのバス停から会場まではシャトルバスで約45分。

いつも会場入り口付近が非常に渋滞していて大抵1時間はかかってしまう。バスが出てるだけありがたいのですが、進入路をもう少し何とかしてほしいなあ。

 会場はフリードリッヒスハーフェンにあるメッセ。会場の広さだけで言えば、世界一広い自転車のショーになりますかね? 以前は上海ショーなんかも非常に広い会場で行なっていましたが、最近は会場を変更したそうだし、そこへは行ったことがないので、判断出来ませんが、、、。

だから世界一と言うのも実は違うかもしれません。

ただやっぱりでかいです。全部周りきれませんもの毎年。

 

 事前にレジストレーションしてるので、入場バスを見せるだけ。

毎年会場に入るこの瞬間 興奮してしまうのです。様々なブースのデコレーショや新商品を目の当たりにするとやっぱり嬉しいものです。

 

今回はRINDOWの新商品パーツをドイツの代理店さんに見てもらう為にドイツまで来た。と言えば大げさだが、本当は7月末には仕上がってる予定が、最終生産前にどうしても納得がいかず、作り直しを依頼したので遅れてしまったのです。

そのサンプルを持ってきたので、荷物が重いんです。早く降ろしたいが、代理店さんとのアポは午後4時、MTG先のブースに置いててもらうかと思ったが、担当者の方も多忙で走り回ってる様子。 仕方なく背負いっぱなしで会場を徘徊に移ります。

 一眼レフやミラーレスカメラを持って写真を撮影してたのですが、一日の終わりの疲れが全然違う為、最近はiPhoneのみ。画質も良くなったし、十分です。

マクロ撮影なんかは難しいですが。。。

カタログ等も貰うので、1日の終わりには荷物の重量がとんでも無いことになるんです。 出来る限り荷物は小さくしないとね。

会場を回り出す時、入り口であるA7(A1~A7,B1~B5まであります)から順序だてて回る方も居ますし、お目当のブランドがあれば、そこをまず回ると言う方も居るでしょう。私の場合はまずお世話になってる工場の方々にご挨拶と激励に!

その途中でふと気になった物があると立ち寄る感じで動き出します。順番に回っててもいつのまにか方向が判らなくなります。どうでもいいか。。。そんな話。

 ここ最近のトレンドと言えば、アドベンチャー系と呼ばれるツーリングバイク

アルミフレームもあればTANGEブースにあったこんなスチール系であったり、

タイヤは最近よく目にするWTB。こう組むとカッコよく見えますね。

またそれに伴ったライトパッキングバッグ。ドイツと言えばOrtlieb( オルトリーブ)個人的にも好きなブランドです。ターポリン素材で完全防水。私もいくつも持っています。どちらか言うとキャンプなどに使うバッグ類ですが

 オルトリーブもパニアだけでなくsaddle bagも作ってきました。今後のトレンドはこんな感じになるのでしょうね。確かにパニアだと揺れるとか、キャリアの強度が弱いとより自転車のリアが左右に振れる感じが強くなるんですよね。

積載能力は若干落ちるのかもしれませんが、最低限以上の荷物は積載できます。

 真ん中の画像はOrtlieb創業当時のバッグ類です。色合いだとかが可愛くて、欲しくなりました。

 会場内はどこを見てもE-BIKE関連のブースだらけです。ここ数年ヨーロッパのE-BIKE市場は右肩上がり。それは環境問題をしっかりと見据えた所でもあります。私の考える日本とのE-BIKEに対する考え方の違いと言えば、

 ヨーロッパは、モーターサイクルなどエンジン付き乗り物からエンジンの無いE-BIKEへの変化。より快適に乗れる自転車としての意味合いも大きいと思いますが、どちらかと言えば前者の考え方が強い気がします。

日本は、ママチャリをもっと楽に乗る。。。って考えが強いのでは無いでしょうか? であるから価格の考え方もモーターサイクルの価格から考えると安い。ママチャリと考えると電動車は高い。と考え方にも違いが出るのでしょう。

道路事情も明らかに違いますが、文化の違いからも様々な意識の差に繋がってるのでしょう。 日本は歩道を走れる場合もありますから、速度などの様々な規制は世界とは異なります。

そう言えば、オランダ在住の友達にお聞きしましたが

昨年の販売台数 オランダでのE-BIKEシェアが50%を超えた様です。

オランダの方々の環境に対する意識が相当高いそうなのですが

50%を超えるってすごい事ですよね。話によれば所得の違いもあるそうですが

近い将来、オランダに是非行ってみたいと思っています。

自転車大国オランダです。アムステルダムに

 

さてさて会場で最も気になったのが、ここ DASIKNIO CYCLES

一見普通の高級クロスバイク

ブレーキがハイドロディスクブレーキ、駆動系はベルトドライブ、

レザーサドルにレザーグリップ、ハンドル回りも至ってシンプル。

実はこれE-BIKEなんです。

バッテリーもモーターもどこにあるの?って思わせます。

実際会場でじっくり見たかったのですが、人がすごくて、人の間をかいくぐって撮影した画像なんです。 なんで全体像が中途半端です。

詳細は上記ブランド名からオフィシャルページをごらんください。

バッテリーはダウンチューブの中、モーターはリアハブの中と

見た目にもとてもシンプルな構造になってます。

重量も13.5kg と軽い。最高アシスト時速は25Kmと日本とほぼ同じ。

走行もオプションの予備バッテリーなんかをボトルゲージ部分に装着すれば、相当長い距離を走れるようです。

 ヨーロッパはすでにここまで進化し始めてるのです。

日本の電動自転車はまだまだな気がします。 先ほども述べましたが、文化と用途も様々なので、日本市場には今の電動自転車が良いのかもしれません。

 YAMAHAさんもSHIMANOさんも日本市場用のユニットをよりカッコよく作ってくれるでしょうから、意外と早くかっこいい電動自転車が登場するのかもしれません。 

 

後は価格ですね。。。市場が価格に付いて行ってくれれば良いですが

EURO BIKE SHOW 2017 其の4

フランクフルトからDBに乗り、2時間40分

Ulm という街で乗り換えて約2時間 徳島を出発して40時間やっと到着です。

Lindau (リンダウ)

この街に滞在したのですが、スイス、ドイツ、オーストリアの国境に位置する

ボーデン湖

この湖の湖畔に浮かぶ島がLindau(リンダウ)です。

小さな街ですが、古い建築物もある静かな島です。

詳細は上のLindauをクリックしてWikipediaでごらんください。

 

周りは湖です。ベストシーズンとは言わないものの

観光客は多めです。湖もあり南部の方々にとっては絶好のレジャーエリアです。

少し離れれば別荘もたくさんあり、リッチマンが多く住むエリアでもあります。

 

画像の向こう岸に見えるのがスイスです。直接船に乗ってスイス側にも行けますが実際は車で行った方が近いです。 宿泊先はカフェとレストランを営み

そのご家族の住まいの1室を観光客に貸してる訳です。ホテルとは違い、この辺りの方々の普段の暮らしをそのまま体感出来る感じで気に入ってます。

仲間とシェアして一泊あたりの宿泊費用もセーブ出来るのもありがたい。

やっぱりヨーロッパのホテルは高いですから。。。

このエリアには、ユーロバイクに出展されてる方々も多く滞在しています。

会場までのシャトルバスもあり、非常に便利なエリアの一つです。

 

ただショーの終了時間が18時。

シャトルバスがLindauに到着するのが19時30分ごろ

スーパーの終了時間が20時と結構夕飯を確保するのが慌ただしいんです。

 

Lindauの映像がYoutubeにありましたのでご覧ください。

空から見ると街の可愛さが倍増します。

 

EURO BIKE SHOW 2017 其の3

ベンチの公園で少し休憩してると、見るからに古い自転車で通勤している人を発見。その時は、ただそう感じただけであったのですが、またしばらく歩いているとさっき見た自転車が駐輪場に! 朝から自転車を観察するのもどうか。。

 メーカー名などを確認する程、じっくりと見るわけにも行かず。

数枚の写真を撮らせて頂きました。それにしても古い自転車です。

メーカーを確かめたかったなあ。でもヘッドバッジも削れてたんですよね。

リア変速機はBromptonなんかにあるリア2速用。

当たり前ですが、ドイツなんでSchwalbeタイヤしかもMarathon。当時のままなのでしょうか? って事は無いと思いますが、デザインは確実に古い。。。

リアブレーキはコースターですね。フロントは日本で言うロッド式。シフトはトップチューブにトリガータイプ。 これが標準装備だったんでしょうね。

これだけの時代物ですので、当然パイプも泥よけも肉厚タップリ自転車です。

少々錆びてても中までは影響ないのでしょうね。塗装ははげて錆びてますが、影響なしって所でしょうか。。。

何と言ってもサドルがIDEALE。

「レザーサドルと言えばBrooks!」と言われる方がほとんでしょうが、

「いやいやIDEALEですよ〜〜」と言う方も多いかと思います。

 

この時代への憧れとかは全くないのですが

現存してる事への関心とそれを今でも乗ってるって言う感心なんですよね。

 

生産国が集中してしまって、世界の自転車の境界線がなくなりつつある現代に

こうやって各国で製造された自転車をまだ見る事が出来るのは

凄い事ですよ! 本当。

その国のその時代に手作業で作られた自転車なんですから

 

築地に行けば日本の良き時代の自転車がまだまだ見る事が出来るでしょうが

その自転車もやっぱり残っていてほしいですね。


街の至る所に自転車を駐輪しています。

使用しているパーツを見ると時代背景が何年前か?予測は出来ますが

実際 何年前の製品かは? 本当はそこは重要ではなく

この雰囲気が好きなんですよね。それほど高額ではない自転車を

手を加えながらずっと乗ってるこの雰囲気が好きなんです。

ぐる〜りと街を散策しましたが、そんな自転車は多く存在しているのです。

裏切らない所もヨーロッパに来た甲斐があると言うものです。

PEUGEOTやGAZELLE なんかがありました。

また話題のシェアバイクも街中に溶け込んでいました。すでに当たり前の様になっているのでしょうね。日本はこれからって感じで、どのくらい普及するか?が課題です。ドイツで借りてみようと思いましたが、ショートメールに暗証番号が送信されるシステムで、シム回線の関係上使う事が出来ませんでした。

それはまた次回で

 

駅周辺には幼稚園もたくさんあるらしく、可愛い声もちらほらと聞こえる。

ビジネス街に近いと言うのも合わせて、送迎に自転車を使用しているのでしょう。子供乗せを装着した自転車もたくさんありました。いい雰囲気です。

日本のママチャリはママチャリで私は好きです。

ヨーロッパを見ると、より幅広いカテゴリーの自転車に装着しているのが

楽しいんですよね。

ロングテールバイクやカーゴバイク、様々なジャンルの自転車があるのが

面白くて楽しい。

日本の駅駐輪場を見ると同じ自転車ばかりに見えてしまうが悲しいんです。様々な文化と交通事情も違いますから、仕方ないのですがね。ユーロバイクでは、そんなカーゴバイクも多く出品され、E-BIKE 電動自転車が会場の大半に存在したと言う事実もあります。明らかに日本と世界の事情に乖離が発生してる気がします。日本の独自性を考えると、それで良いのですが

これだけ世界を見れば違った自転車が多いのですから、少しは変わってもらいたいなあと本音が出てしまいます。

 

EURO BIKE SHOW 2017 其の2

フランクフルト駅反対方向へ行ってしまい急いで降りた駅。

本当、空が澄み切っていて、日本での蒸し暑さを忘れさせてくれた。駅のホームには、通勤する人たちがホーム中央に集まり出し、少しホームの端に行くと、まだゆっくりするスペースがある。

 一緒に行動してた友人は、バッグからジャケットを取り出し羽織る。

この寒さが心地よかったので相変わらずTシャツのままの私である。

周りには、住宅も広がり、大好物である古そうなミキスト型の自転車が。。。

 10分程度で電車が到着し、フランクフルトまで。

 

ここからドイツ各地へ列車移動する拠点だし、フランンクフルト駅は、『世界の車窓から』など、以前から訪れてみたかった駅の一つ。鉄骨構造がとにかく見たくて。思ってより小さく感じたが、古い建造物はやはり良い物ですね。

思わず「ハイジはスイスからこのフランクフルトに連れて来られたのか。。。」

とおっさんに懐古的発想をさせてしまうくらい古き良き何かを感じさせる。

 

時間はまだ午前8時前

駅周辺もまだ動き出さない時間。構内のパン屋さんにてサンドイッチと少し温度が足りないコーヒーで朝食。 さっきまでの食事の間隔の違和感は何処に?行ってしまったのか。。。 これでほぼ1000円。円安の影響は大きい。。

構内に住み着く鳩にとっては、最高の寝床なのであろう。

店の中に平気で入って来ては、店内での食べかすを急ぐでもなく、ゆったりと移動しながら突き出す。 人に慣れてるのでしょうね。全くもって平気です。

駅構内でロッカーを探し。。。そう言えば! 駅でPoliceに場所を教えてもらい、荷物を預けようとするとコインがない。困った。近くに居たお兄ちゃんがそこの店で何か買ってくれば?って親切に教えてくれた。水を購入し、ロッカーに預けると、またそのお兄ちゃんが「少しお金をくれ」。そう言う事か。。。

と1ユーロコインをあげる羽目に。。

あとで気づいたが駅の周りには、ホームレスもたくさんで、とにかく通りすがる人にお金を要求する人たちがとにかく多い。 移民の影響か???


駅舎も古くて、趣あり。

駅を出るとまっすぐに伸びる通りが一本。その通りには朝の通勤の人たち目当てであろう様々な出店がずらりと並ぶ。写真を撮り忘れてしまったのだが

サンドイッチ、ビール、チーズやフルーツ、でかい肉の塊を焼く店。

だいたいこんな感じのショップが。 それらは車で、オーニングをあげて、すぐに「さあ いらっしゃいませ」とオープン出来そうなショップ。

見るだけでも楽しいが、お腹いっぱいだし、結構よく見る光景だからスルー。

通りを抜けるとオフィスビルが立ち並ぶ、アーバンバイクと最近では呼ばれるヨーロッパらしい自転車での通勤の方々が急ぎばやに走って行く。

 

この周辺で色んな自転車を見る事が出来るのであるが、それは其の3で紹介するとして、街を散策しながら古い建物目当てにひたすら歩く。

周辺の建物が何であるのか? 予備知識を全く持たずでの散策なので

それらが何であるのか? は今でもさっぱり判りません。。。

団体ツアーらしき中国人観光客のツアーガイドを盗み聞きをしても

やっぱり判りません。所々の単語だけ聞き取れましたが

 

街中は正直言ってゴミが多い。

先進国にしては街中にゴミが散乱していて驚きでした。

ゴミ箱は至る所にあるのですが、それでも道端にゴミがある。

 

移民が多いドイツ。それも影響の中にあるのかなあ〜と

遠く離れた日本ではあまり感じない問題を改めて考えてしまうのです。

ヨーロッパから見ると日本はアジアの極東。 それも島国。

多くの国がユーラシア大陸の中にある中、日本は島国。

そう考えると日本ってどう思われてるのだろう。。。

 

公園のベンチで自転車を眺めながら、そんな事も考えてたのです。。。

EURO BIKE SHOW 2017 其の1

 

2017年 今年もEURO BIKE SHOWの為、ドイツはFriedrichshafen ( フリードリッヒスハーフェン)まで、、、。

 昨年は、トルコ航空でイスタンブールを経由して、フリードリッヒスハーフェン空港まで直接行くことが出来ました。 今年はそのトルコ航空の路線が廃止されてしまい空路を変更しないといけません。

 早期に予約を入れないと空席がなくなる可能性あり、早すぎると航空券代金が高い可能性あり、 日頃の業務もありすっかり忘れてた頃、安いチケットを見つける事が出来ました。

その航空会社がタイ航空。タイに友人たちがいることもあり、タイ航空へ乗ってみたい気持ちもあり、考える間も無くタイ航空で決定。

でもよくよく見ると、

関空→バンコク→トランジット2時間半→フランクフルト

まあトランジットの時間はあって当然くらいで考えてました。

結局フランクフルトから宿泊先のLindauまで列車で5時間。長い移動になるなあと安易に考え過ぎました。

 結局家から宿泊先のLindauまで要した時間は40時間。。。長過ぎです。

 

 バンコクまでのフライトはエアバス320で2階建。座席指定で2階を指定していましたので、ゆったりと乗れました。しかも横に誰もいないし。

機内食もありましたが、ボーディング前に食事を済ませてたので、それほど手をつけずビールのみ。タイのビールと言えば SINGHA。若い頃よく飲んでたのがこのビール。懐かしさとうまさがしみて来ました。

 

到着後はタイの料理を何か食べようと空港内のタイ料理店へ。夜の12:00は当然人も少ない。大好きなPhat thai を注文と思ったがメニューになく、それに近いものを注文、2人でそれぞれの料理とビール、コーラを注文。

トータルで3600円。。。高すぎる。空港内とは言え、これは高すぎるでしょう。

納得いかずとも仕方なし。 食後はぶらぶらと空港内をぶらつくことに。。。

現地時間 早朝7時前 フランクフルト空港 到着

どうしても食事のタイミングと時差の影響でどんよりした体調。。。

バッグが出てくるまで約40分。結構長い。この時間の到着フライトも多いのだろうと思わせる程、バゲージクレームに人だかり

EXITを抜け外に出ると少し肌寒いがすっきりとした良い天気。

この空を見た瞬間 時差も体調の悪さも吹っ飛びました。やはりこの空です。

この空と空気感を感じるために仕事を頑張ってると言っても過言じゃないかも。。言い過ぎか。。

 

空港から駅は徒歩にて移動。

ホームまでの駅通路には人が溢れ出す前なのだと予感させる空気感

通路横の売店にはドイツらしい、フレッシュジュースとサンドイッチ。

これを見るとドイツに来た。って感じる瞬間でもある。

 

空港からフランクフルト駅まで電車で10分程度、どの線に乗ったら良いのか?

判らないままホームへ、(空港はホーム内に券売機があるので、まずはホームまで行くのです。)

ホームでドイツ人であろう(みんなドイツ人に見えるし)方にフランクフルト駅に行きたいのだがと訪ねた所、実はその方日本在住の方で日本語も少し話せる。ドイツが初めての雰囲気で、その方もフランクフルト駅に行きたいそう。  『判らない』との返答。 結局来た電車に乗れば着くであろうと安易に考えお互い電車に乗り込む。 だが事態にすぐ気付く。 どうやらフランクフルトから空港を経由する反対方向への電車だったようだ。

互いに間違いを察し、目配せ後次の駅で降り、再び空港方面への電車を待つ。

 Lindau行きの列車は午後2時の出発。時間はたっぷりある。 

通勤の方、通学の学生さん ドイツの都会の朝を感じる。

フランクフルト駅周辺で少し時間もあるし、今この駅で列車を待ってる人たちとは、気持ちの置きどころが全く違うのだろうなあ〜。と

通勤をする人たちを観察する。。

RINDOW BIKES

2-1-84 , Suehiro, Tokushima-shi ,TOKUSHIMA 770-0866  JAPAN

TEL 088-678-6781  FAX 088-678-6791

770-0866 徳島県徳島市末広2丁目1-84

 

 


自転車冒険家 西川昌徳
RINDOW BIKES は自転車冒険家 西川昌徳を応援しています